過去の放送:アーカイブ

# 74後継者不足の中小企業を救え!〜東京都事業引継ぎ支援センター〜

放 送:2017年 06月18日 18:15〜18:30
再放送:2017年 07月16日 18:15〜18:30

2016年に1年間で休廃業・解散した企業数は2万9,583件。
これは調査を開始した2000年以降、過去最多を記録である。
その主な原因の一つが「親族間の後継者不在問題

特に中小企業では経営者の高齢化が進み、従来のような親族内での事業承継が
様々な理由によって困難になってきていると分析されている。
企業が休廃業を選択することによって、従業員の雇用が失われたり、会社が培ってきた技術やノウハウ、ネットワークなどが途絶えてしまう。
これは日本にとって大きな経済的損失であると国が動き出した。

その一つが、東京商工会議所に開設された「東京都事業引継ぎ支援センター」。
後継者が不在の中小企業に事業承継の支援を行う機関で、企業譲渡や企業譲受などの相談や、企業同士のマッチング、つまりM&Aの支援を行なっている。
番組では「東京都事業引継ぎ支援センター」が支援を行い見事成約が成立した事業引継ぎ案件を紹介する。
次へ
トップへアーカイブへ