過去の放送:アーカイブ

# 87インバウンド効果で売り上げUPを実現!〜江戸玉川屋/オレンジトーキョー株式会社〜

放 送:2019年 08月17日 08:30〜08:45
再放送:2019年 09月21日 08:30〜08:45

東京都北区の昭和10年創業の老舗製麺メーカー、江戸玉川屋が製造する
麺もスープもピンク色という業界でも珍しいラーメン、「東京ピンクとんこつラーメン」は、発売開始から4ヶ月で2万袋を達成した人気商品だ。
企画段階から外国人観光客をターゲットに進められてきた。
この夏には機動戦士ガンダムとのコラボ商品も発売するなど勢いに乗っている江戸玉川屋だが、一時は乾麺の売れ行きが伸びずに業績が右肩下がりであった。
インバウンド需要に注目し商品開発を成功させた底ヂカラとは?

東京都墨田区にあるオレンジトーキョー株式会社ではオリジナルブランドMERIを展開。ハンドメイドで作成された布ぞうりが外国人観光客に人気だ。
代表の小【高】集社長は、もともとメリヤス業界の孫請け業者で働いていたが、不況の波に煽られオリジナル商品の開発に着手。
そこで出会ったのが「布ぞうり」であった。
MERIシリーズは鮮やかな色彩と手作りにこだわっており、SNSなどを通じて外国人に人気の商品に。

今回はインバウンド需要に特化した商品開発の底ヂカラに迫る。
次へ
トップへアーカイブへ