放送は終了いたしました。

海外ドラマ「CSI:3科学捜査班」

毎週水曜日 22時00分~22時55分 放送


◆ イントロダクション

「CSI:科学捜査班」は、欲望が渦巻く街・ラスベガスを舞台に、その市警察にある科学捜査班(CSI=Crime Scene Investigationの略)所属の捜査官たちが、最新科学を駆使した捜査技術でさまざまな凶悪犯罪を解明していく姿を描く。人間的な魅力にあふれた捜査官たち、そして全米各地の警察やFBIも使用しているという本物の“科学捜査”の最新テクニックを毎回1時間の中に凝縮させた傑作ドラマである。

24時間眠らない街、ラスベガス。
ネオンきらびやかなホテルや巨大カジノが立ち並び、経済も人口も著しく成長し続ける世界最大のアミューズメント・シティには、毎月300万人以上もの人々が出入りしている。金持ちから貧乏人、ギャング、犯罪者、娼婦…様々な人種がつかの間の夢を追い求めラスベガスへとやってくる。

だが、その裏ではギャンブルによって流れ込む巨大な富をめぐり、陰謀や欲望が渦巻いていた。

舞台となるのは、全米で2番目の規模を誇る科学捜査機関という設定であるラスベガス市警 犯罪課 犯罪現場捜査研究所 科学捜査班。主任のギル・グリッソムは17年間のキャリアを持つベテランである。
彼のもとには、小さな娘を女手1人で育てながら仕事と家庭の両立に励むエキスパート、キャサリン・ウィロウズ、天性の才能を持つがギャンブル癖のあるウォリック・ブラウン、仕事には人一倍真面目に取り組むチャーミングな魅力の持ち主のニック・ストークス、グリッソムが信頼を置くがたまに無鉄砲な行動に走ってしまうサラ・サイドルが集まっている。

昆虫学、血痕、毛根・繊維、要素・元素、オーディオ・ビジュアル分析をそれぞれ専門とするプロフェッショナルたちは、事件が起きる度に現場へ急行。殺人課のジム・ブラス警部に協力したり対立しながら、昔ながらの捜査方法から最新の科学捜査技術を用い、そこに残されたほんのわずかな証拠を探り出して犯人や被害者の割り出しに励むのであった。

◆ ストーリー


(2012年7月18日 放送)

第23話  封印された過去

[犯罪現場]
ロックウッドが殺された。そしてグリッソムの決断とは!?

[事件概要]
銀行に三人組の強盗が押し入り、居合わせたロックウッド刑事が射殺されてしまった。強盗団は貸し金庫を爆破して逃走した。現場検証の結果、ロックウッドは銀行の外から狙撃され、盗まれたものはたった1つの金庫であることが判った。
そして間もなく、強盗団の車が発見され、運転係りの死体が見つかった。この男はサム・ブロウンが経営するランパート・ホテルのボーイで、サムが経営する他のホテルのウェイトレスのビビアンも2年前に殺されていた。そしてその直後、そのホテルは爆破解体されてしまっていたのだ。サムの近辺を捜査した結果、元軍人でランパートの警備主任が容疑者として浮かび上がった。
その家を捜索すると、盗まれた金庫が出てきた。しかし金庫には絹の切れ端が入っていたのと、乾燥血痕が付着しているだけであった。その血痕は、1つは殺されたビビアンのもの、そしてもう一つは不明であった。その後、砂漠で強盗団三人組の射殺体が発見され、近くにはスカーフが引っかかっており、それは貸し金庫の中のものと一緒であった。
全ての状況と証拠からグリッソムはビビアン殺しの凶器を断定。そしてその凶器から真の犯人の割り出しにかかる。そして、その突き止めた犯人とは…。
一方、グリッソムの耳硬化症が進行。そしてグリッソムはある決断をするのであった 。

◆ グッズ情報