五人姉妹の北華家。
両親を早く亡くした北華家の代々の家業は『悪の組織』――の戦闘員。
だが姉妹は父が死に際に言った「娘たちよ、お前達はせめて怪人に…立派な悪に…」という遺言を胸に自らを“外道乙女隊”と名乗り、悪の道を突き進むことを決意する。

そんな姉妹にはある力が備わっていた。
それは代々受け継がれた能力――『魔法』。
「魔法を使い、悪の限りを尽くせば立派な悪になれるなず!」しかし、魔法をうまく使いこなせず、さらに根が真面目なため何をすれば「悪」になるのかよく理解していなかったりで……。
そんなとき、生粋の悪魔・アクマコと出会った外道乙女隊。
悪を知り尽くすというアクマコの指示のもと、外道乙女隊は悪の魔法少女として、活躍する……ことができるのだろうか?