TOKYO MX NEWS
前のニュース

栄養たっぷり オリジナルのラーメン料理を競う

次のニュース
2009年2月11日


動画
 インスタントラーメンでオリジナルの料理を作り、その味や栄養バランスなどを競い合うコンテストがきょう、豊島区の大学で開かれました。
 このコンテストは社団法人日本即席食品工業協会が、いまや身近な食材となったインスタントラーメンを使い栄養価の高い健康的なメニューを提案してもらおうと開催しているものです。
 高校生や大学生など栄養士や調理師を目指す学生から寄せられた1464の応募の中から選ばれた12人が調理を始めました。参加者は「最初はやっぱり緊張したけれど、作っているうちにだんだん楽しくなってきて、やっぱり私は料理が好きなんだなって思いました」などと話していました。
 審査ポイントは、味・栄養バランス・独創性・盛りつけの4項目です。わずか1点の差で優勝したのは『伊勢芋のトロフワ冷麺』を作った三重県の高校1年生・小林千華さんです。小林さんは「ここまでこられたのはみんなのおかげ。食べてもらったときの人の顔がすごく好きなので、食の仕事に就きたいと思っています」と話していました。地元の食材を使ってラーメンを冷麺にした独創性や口当たりの良さなどが評価されました。