TOKYO MX NEWS
前のニュース

都立高校でガス漏れ 生徒20人搬送

次のニュース
2009年6月9日


動画
 きょう昼前、都立杉並工業高校から「ガス漏れで気分が悪い生徒がいる」と119番通報があり、生徒20人が病院に運ばれました。老朽化したガス管の接続部からガスが漏れていたことが原因とみられています。
 きょう午前9時40分すぎ、都立杉並工業高校で1年生と2年生の生徒が授業中に「気分が悪い」と訴え、職員が119番通報しました。その後生徒らおよそ460人は体育館に避難しましたが、体調不良を訴える生徒が相次ぎ、男子生徒19人・女子生徒1人の合わせて20人が近くの病院に運ばれました。生徒は全員軽症です。警視庁荻窪署が事故の原因を調べたところ、体調不良を訴えた生徒たちのいた隣の教室にある、ガスファンヒーター本体とガス管を結ぶ金属製の管が劣化してひび割れし、そこからガスが漏れていたことが分かりました。警視庁ではさらに詳しく原因を調べています。