TOKYO MX NEWS
前のニュース

都議会 性描写規制案めぐり参考人招致

次のニュース
2010年5月18日


動画
 漫画などの性描写の規制強化を図る都青少年健全育成条例の改正案を審議する都議会総務委員会が開かれ、4人の参考人が賛成、反対双方の意見を述べました。
 初めに意見を述べたのは児童ポルノ規制強化に賛成する赤枝六本木診療所の赤枝恒雄医師です。繁華街の若者たちの性に関する問題を専門にしている立場から、あふれる過激な性情報が子どもたちの誤った知識につながるとして「家に持って帰れないようなものを販売するのは許せないこと。年齢制限をぜひお願いしたい」と述べました。
 続いて、社会学を専門とする首都大学東京の宮台真司教授が条例文のあいまいさやアニメ文化の存亡にかかわることなどを指摘し、「表現規制はあくまで次善策、緊急避難策であって(子どもたちの)受容環境の制御こそが最善ということになる」と反対の立場を強調しました。
 そのほか、法律家の立場から田中隆弁護士は条例は青少年を規制するものではないため規制は最小限でなければならないと発言、一方、首都大学東京の前田雅英教授は条例改正は表現行為を処罰するものでは全くないと述べました。