TOKYO MX NEWS
前のニュース

映像流出した海上保安官は「愛国的」

次のニュース
2010年11月12日


動画
 尖閣諸島沖の中国漁船衝突を巡る映像流出について、流出させた海上保安官よりも民主党政権の対応ぶりを批判しました。石原知事は「秘密であっても私はあの映像は公開すべきだと思うし、やった人間は愛国的だと思う。その人間を売国内閣が罰する資格はあるのか。それは世間が決めることだが、やってることは無能というか場つなぎというか見てられないな本当に」と述べ、「意図的に流したのなら崇高な志だと思う」とも述べました。
 次にAPECで議題となっている貿易自由化を推進するTPP=環太平洋経済連携協定については次のような持論を展開しました。知事は「日本におけるお米の単価は想像以上のもので日本の文化にとっての米の代わりというのは切り離せないし、明らかに外米と日本の米は味わいも違う。そういったものが金銭に換算してどれくらいの価値、意味があるかというのは一種の文化の問題になる。自由貿易は好ましいが、農業という基幹的な産業を壊滅するということはひとつの国の成り行きとしてありえないことだと思う」と述べ、「農家はつらい」と難しい問題であることを強調しました。