TOKYO MX NEWS
前のニュース

「非実在青少年」文言削除 都の性描写規制案再提出へ

次のニュース
2010年11月22日


動画
 東京都はきょう、子どもを性行為の対象にした漫画やアニメを規制する青少年健全育成条例の改正案について、規制対象を修正し30日に開会する都議会に提出すると発表しました。
 新しい改正案ではことし6月の都議会で否決された「非実在青少年」の文言を削除し、規制対象を「刑罰法規に触れるか、近親者同士の性行為を不当に賛美、誇張するように描写したもの」と明確化しました。また、自主規制の項目で登場人物が18歳未満の青少年に加え、大人を対象にしたものまで含まれています。前回の改正案は「規制対象があいまい」との理由で漫画家や出版業界も「表現の自由を侵害する恐れがある」として反発、都議会最大会派の民主党も反対し、6月の都議会で民主党などの反対多数で否決されていました。