TOKYO MX NEWS
前のニュース

府中市で暴力団排除条例をPR

次のニュース
2011年9月30日


動画
 暴力団排除条例があすから施行されるのを前に、府中市は市民や事業者に暴力団排除の取り組みをPRするパレードを行いました。
 パレードには、府中市長や府中警察署長、市内の事業者でつくる協議会のメンバーなど約100人が参加しました。府中市では府中刑務所から年間約200人の暴力団員が出所していて、出迎えなどの行為に周辺の市民から苦情が寄せられていました。条例には「市民に迷惑を掛ける行為があった場合は警察に対策を要請する」「市の施設の利用を拒否できる」などの内容が盛り込まれています。府中市暴力団等排除協議会の朝倉利明会長は「暴力団ということは他人事に見ているようですけど実際には我々の近くにもそういうことが既に起こっている。とにかく弱者・子どもたちを守って住みよい府中市をつくろうというのが最大の狙い」と話していました。
 都の暴力団排除条例にあわせて都内の区市町村で条例を施行するのは府中市が初めてとなります。