TOKYO MX NEWS
前のニュース

日本科学未来館 「巨大人型ロボット」参上!

次のニュース
2012年11月28日


動画
 人が乗り込んで操縦できる巨大人型ロボットがお台場の日本科学未来館に登場しました。
 登場したのは、四足歩行をする人型のロボットです。アニメやSF映画にも出てきそうなこのロボットはiPhoneで遠隔操作をしたり、人の動きをコピーし自由に動かすこともできるものです。
 「ロボットに乗って操縦したい」という夢をかなえるべく、アーティストの倉田光吾郎さんとロボット研究者の吉崎航さんによって誕生した巨大人型四脚ロボットが「KURATAS(クラタス)」です。高さ4メートル、重さは4トンあり、時速10キロの走行が可能で、胴体のコックピットに乗り込みタッチパネルでも操縦ができます。
 特定の作業用や軍事用ではなく、おもちゃロボットというコンセプトで製作されたため、ペットボトルを連射できるランチャーやこんにゃく弾が飛び出るライフルなど子ども心をくすぐるアイテムも搭載しています。倉田さんは「もっとすごいのを作ってやるぞという人や企業が出てくると思う。その先にある、巨大ロボットがいっぱいあるような僕らが子どものころに見た夢がそこに現れるといいなということがだんだん芽生えてきた」と話します。お値段は135万3500ドル=日本円でおよそ1億円と決して安い買い物ではありませんが、既に海外から5000件を超える注文が来ているということです。
 「クラタス」はきょうから来月10日まで日本科学未来館で展示されます。