TOKYO MX NEWS
前のニュース

都議会第4回定例会 政策議案なくきょう閉会

次のニュース
2012年12月6日


動画
 都政史上初めて知事不在の中で行われた都議会第4回定例会は、きょう閉会しました。石原前知事の突然の辞職、そしてそれに伴う選挙の真っただ中で行われた今回の議会は、法律の改正など対応しなければならない最低限の提案にとどまり、政策的な議案はありませんでした。
 知事不在のまま始まった都議会第4回定例会は、異例の短さできょう閉会しました。都議らの選挙対応を考慮して会期を半分とした今回の議会は、都の職員の月給を0.32%引き下げる条例案など33件が提出され、全て議決されました。都議会自民党は「知事がいないのに質問する意味がない」として代表質問と一般質問をやめるなど、異例尽くしの都議会となりました。知事が不在のため政策的な議案はなく、今議会に提出予定だった尖閣諸島寄付金の基金化条例案は、新知事の意向を聞いた上で年明けの議会に先送りされます。
 次の都議会は来年2月下旬に開催される見通しです。