TOKYO MX NEWS
前のニュース

羽田空港でゲート増設 さらに人に優しい空港に

次のニュース
2013年4月8日


動画
 羽田空港第2ターミナルで出発ゲートが3カ所増設され、きょうから供用が開始されました。
 今回供用が開始された部分は2010年まで使用されていた国際線ターミナルの跡地に建設されたものです。今回の増設により第2ターミナルの出発ゲートは3カ所増え、合わせて23カ所になりました。また、飛行機と建物をつなぐ最新鋭のボーディングブリッジを導入したことにより、段差がなくなり高齢者や車いすを利用する乗客にも優しい施設となりました。出発ロビーにはあえて椅子を置かず休憩スペースを設けるなど「立って飛行機を待つ」というのが特徴ですが、出発ゲートのラウンジには椅子も並び、優先席は高さを少し低くしたり肘掛けも付けるなど高齢者に優しいつくりになっています。
 羽田空港国内線ターミナルの拡張工事は今回でひとまず完成となりましたが、国際線ターミナルではさらに工事が進んでいて、来年3月には増築される新しいターミナルビルが完成する予定です。