TOKYO MX NEWS
前のニュース

公立学校の卒業率がわずかに減る

次のニュース
2013年6月18日


動画
 ニューヨーク市の公立高校の卒業率が去年よりわずかながら低下しました。教育改革を掲げてきたブルームバーグ市長は引退前の最後の発表で「大幅な卒業率向上を達成した」とこれまでの成果を自賛しました。
 アメリカの学校では6月が卒業時期ですが、夏休みに補修を受けて資格を取り9月に卒業する人もいます。