TOKYO MX NEWS
前のニュース

人権団体らが市長と警視総監を告発

次のニュース
2013年6月19日


動画
 人権擁護団体やイスラム系市民の代表らがニューヨーク市警によるモスクの立ち入りやイスラム教徒の監視、情報収集などの中止を求める訴えを連邦裁判所に起こしました。告発されたのはブルームバーグ市長とケリー警視総監です。
 ボストンマラソンで起きた爆弾事件以来、イスラム系市民に対するニューヨーク市警の監視範囲は住居をはじめ、スーパーマーケットや学校など広範囲に広がっています。