TOKYO MX NEWS
前のニュース

市警の英語専用方針に異議

次のニュース
2013年6月26日


動画
 ニューヨーク市警察が業務では英語だけを使う方針であることが物議を呼んでいます。署内でスペイン語を使ったラテン系警察官に警告メモを手渡したのは差別に当たると関連団体が問題を提起しました。
 民間企業では接客係に英語だけを使うよう求める高級衣料店が休憩室にも拡大適用して訴えられて、多額の罰金を払った例があるということです。