TOKYO MX NEWS
前のニュース

ニューヨーク市警監視2法案が市議会を通過

次のニュース
2013年6月28日


動画
 ニューヨーク市議会は27日、ニューヨーク市警の活動を監視する2つの法案を可決しました。1つは警察本部に独立監察長官を設置すること、もう1つは偏見による捜査を州裁判所に提訴する権利を認めるものです。市長と警察側は猛反発し拒否権行使に出る構えです。市議会議員は51人で、市長の拒否権を覆すには議員の3分の2、34人の賛成が必要となります。